特定の商品がそろっている!コンセプト型

ジャンル内のバリエーションが豊富

幅広いジャンルを取り揃えているカタログギフトは、ひとつのジャンル内での選択肢が少なくなりがちです。そのため、同系統の品物が少ししか掲載されておらず、比較してより好みに合っている方を選ぶということをしにくいです。しかし、コンセプト型のカタログギフトは、特定のジャンルに絞り込んでいるため、ジャンル内でのバリエーションが豊富です。したがって、同系統の品物が複数掲載される可能性が高いです。似たような品物を比較して選ぶ楽しみがあったり、より細かなニーズに応えられたりするのが、コンセプト型の強みです。そして、カタログギフトは、特定の品物を贈った際にありがちな、受け取った人からいらないと感じられてしまうというリスクを下げられるというメリットがあります。コンセプト型も、ジャンル選びを間違えなければ、そのメリットは維持できます。

相手の好みを重視したということが伝わりやすい

コンセプト型のカタログギフトの内容は、特定のジャンルに絞り込んだラインナップとなっています。そのため、そのジャンルに興味がない人に贈ると、喜ばれないというリスクがあります。したがって、コンセプト型のカタログギフトを贈るには、贈る相手の好みや、興味を持ちそうなものをあらかじめリサーチしておく必要があります。そのことを知っている相手に贈る場合、相手の好みをしっかり考えて選んだという事実が伝わりやすいです。その結果、喜ばれる可能性が高くなります。一般的なカタログギフトは、相手に贈る品物を選ぶ手間を省いて、相手に選ばせようとすることで、悪いイメージを持たれるリスクがあります。しかし、コンセプト型のカタログギフトであれば、そのリスクが少なく済むでしょう。