予算はどれくらい?価格で選ぶ

いろいろな価格帯がある

自分で贈り物を決めるのではなく、贈られた側が自分で欲しいアイテムを選べるのがカタログギフトです。何を贈るべきなのか頭を悩ませる必要がないので、内祝いや引き出物などに何を利用すればよいか分からない方には便利でしょう。ただし、カタログギフトには、さまざまな価格帯があるので気をつけなければいけません。5000円程度のものもあれば、1万円を軽く超えるようなものもあります。何人に贈る予定なのかしっかりと考えて、予算内に収まるように購入しましょう。ちなみに、カタログギフトはセールを行っていることがあり、定価よりも安く購入できるケースもあります。予算内でより豪華なものを贈りたいと考えるときは、セールを狙ってみるのもよいでしょう。

お店に予算を伝えてみよう

予算が決まっている場合は、お店の方に相談をすればその金額にあったものを紹介してくれます。総額でもよいですし、一冊あたりの金額でもよいので、とりあえずでもお店の方に伝えてみましょう。なお、贈り物の予算が特に決まっていない場合も、お店に質問してしまうことを考えましょう。『出産祝いに最適なカタログギフト』や『引き出物としてベストなカタログギフト』など、お店の方は把握していて提案をしてくれます。いろいろな価格帯のものを提案してくれるので、その中から利用できそうな価格のものを選びましょう。もちろん、相談しても購入する必要はないので、いろいろなお店にアドバイスをもらい参考にして、よりよいカタログギフトを選ぶこともできます。